専門家への相談を

交通事故後遺障害の等級認定には症状が交通事故に起因するもので、かつ改善の見込みがないものであるという証明をするまでの時間の他に、更に申請して認定されるまでの時間がかかります。事故による精神的・肉体的なダメージを負った中で治療を継続していくことや煩雑な申請手続きを行っていくことは大変なことです。

もし後遺障害等級認定を行おうと考えている場合には、こうした煩雑な手続きについて弁護士などの専門家に相談したり、手を借りることをお勧めします。自分で必要な書類を調べて集めることもできますが、必要な書類が足りなかったばかりに希望した等級に認定されないといった事態も起こります。特に被害者請求では自分で書類を集める必要があるため、より手間がかかってしまいます。

また、等級が自分の納得がいくものでない場合は裁判を起こすこともできます。しかし、裁判を起こす前の早い時点で、あらかじめ弁護士に損害賠償請求や示談交渉などについて相談をしておくことをお勧めします。後遺障害が残りそうな症状の場合、治療をしている時から信頼のできる弁護士を探し、相談をしておくことにより、その後の申請方法などについてアドバイスをもらうこともできます。専門家に相談しながら、自分が不利にならないような対策を採るよう心がけましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

申請方法について

医師による後遺障害診断書ができたら、その用紙を保険会社へ提出します。その後、後遺障害を認定してもらうには2つの手続きの方法があります。交通事故の加害者側が申請を行う事前認定と、被害者側が行う被害者請求です。どちらの場合も認定請求は加害者が加入している自賠責保険会社に対して行いますが、事前認定と被害者請求によって手続きにかかる手間が異なることや、稀に被害者にとっては不利になることも起きる可能性があるため、2つの手続きの違いをよく理解しておく必要があると言えます。

事前認定は、医師からもらった後遺障害診断書を加害者側の保険会社へ送付するだけです。必要なものは保険会社が用意し、その後の手続きも保険会社に任せることができるので手続きは非常に簡単です。しかし、被害者側が不利になる条件を提示されないまま手続きが進んでしまったり、医師が後遺障害診断書を被害者に見せることのないまま保険会社に送ってしまうケースなどもあり、満足いかない結果になる可能性もあります。

一方の被害者請求は、後遺障害診断書を準備するところまでは同じですが、そこから更に必要な書類を被害者が集めて申請を行う方法です。手間はかかりますが、加害者側の保険会社に任せるのが心配だという人にはこちらがお勧めです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

後遺障害等級認定まで

後遺障害と認定されるには、その症状と交通事故との因果関係が証明されること、症状がこれ以上治療を続けても完治の見込みがないことなどが挙げられます。そして、精神的、肉体的にもその症状が回復困難ということを医師によって認められなければいけません。その為には病院へ通い、治療を継続していなければならないということが前提になります。途中で治療を投げ出してしまうと認定が非常に困難になってきます。

後遺障害等級認定には、医師による後遺障害診断書が必要になります。後遺障害診断書は、等級認定の際に非常に重要な役割を果たすため、大変ですが医師がこれ以上回復を見込めないと定める「症状固定」の段階になるまで治療を続けましょう。

治療期間中でも保険会社によっては通院費や治療費を打ち切ったり、症状固定を求めてくるところもありますが、症状固定は医師の判断によって行われるものです。症状固定までにかかる期間は一般的に半年程度と言われますが、人によって異なる為、主治医とよく話し合いをして適切な時期に行ってもらいましょう。

また、治療を行うのはどこでもいいわけではありません。後遺障害診断書の作成ができるのは医師のみです。そのため、整骨院や接骨院ではなく、必ず医師のいる科で診てもらうようにしましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故に遭ったら

交通事故により負傷してしまったら、まずは病院で診察を受け、適した治療を行うことになるでしょう。しかし、事故によって負ったダメージの中には完治しないまま何らかの症状がこの先もずっと続いて行くものもあります。このように、交通事故による負傷で治療を続けても今後改善の見込みが無い状態のことを後遺障害と言います。

後遺障害は、精神的または身体的な障害であり、重いものでは介護が必要なものや、日常生活を送る上で様々な支障が出るものがあります。後遺障害は医師の診断書を基にして、その症状や状態によって全部で16等級、142項目にも及ぶ細かい分類で分けられています。級の数自体は1級から14級までですが、そのうち1級と2級は要介護かそうでないものかに分かれるため、総数では16の等級に分類されます。賠償金額は後遺障害の等級によって算出されます。最も後遺障害が軽い14級から、最も重い1級まで金額が変わってくるため、どの級に認定されるのかが重要になってきます。

当サイトでは、交通事故に遭い、後遺障害が残ってしまった際にどのようにして後遺障害等級認定を行っていくのか、その方法について紹介しています。後遺障害は何らかの症状が残ってしまい、それが改善する見込みがないものです。そのため、後遺障害によって日常生活に支障が出るだけではなく、仕事を続けることができなくなってしまう人もいます。万が一に備えて、後遺障害等級認定とはどのように行うものか事前に知っておくと良いでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket