申請方法について

医師による後遺障害診断書ができたら、その用紙を保険会社へ提出します。その後、後遺障害を認定してもらうには2つの手続きの方法があります。交通事故の加害者側が申請を行う事前認定と、被害者側が行う被害者請求です。どちらの場合も認定請求は加害者が加入している自賠責保険会社に対して行いますが、事前認定と被害者請求によって手続きにかかる手間が異なることや、稀に被害者にとっては不利になることも起きる可能性があるため、2つの手続きの違いをよく理解しておく必要があると言えます。

事前認定は、医師からもらった後遺障害診断書を加害者側の保険会社へ送付するだけです。必要なものは保険会社が用意し、その後の手続きも保険会社に任せることができるので手続きは非常に簡単です。しかし、被害者側が不利になる条件を提示されないまま手続きが進んでしまったり、医師が後遺障害診断書を被害者に見せることのないまま保険会社に送ってしまうケースなどもあり、満足いかない結果になる可能性もあります。

一方の被害者請求は、後遺障害診断書を準備するところまでは同じですが、そこから更に必要な書類を被害者が集めて申請を行う方法です。手間はかかりますが、加害者側の保険会社に任せるのが心配だという人にはこちらがお勧めです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket