後遺障害等級認定まで

後遺障害と認定されるには、その症状と交通事故との因果関係が証明されること、症状がこれ以上治療を続けても完治の見込みがないことなどが挙げられます。そして、精神的、肉体的にもその症状が回復困難ということを医師によって認められなければいけません。その為には病院へ通い、治療を継続していなければならないということが前提になります。途中で治療を投げ出してしまうと認定が非常に困難になってきます。

後遺障害等級認定には、医師による後遺障害診断書が必要になります。後遺障害診断書は、等級認定の際に非常に重要な役割を果たすため、大変ですが医師がこれ以上回復を見込めないと定める「症状固定」の段階になるまで治療を続けましょう。

治療期間中でも保険会社によっては通院費や治療費を打ち切ったり、症状固定を求めてくるところもありますが、症状固定は医師の判断によって行われるものです。症状固定までにかかる期間は一般的に半年程度と言われますが、人によって異なる為、主治医とよく話し合いをして適切な時期に行ってもらいましょう。

また、治療を行うのはどこでもいいわけではありません。後遺障害診断書の作成ができるのは医師のみです。そのため、整骨院や接骨院ではなく、必ず医師のいる科で診てもらうようにしましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket