専門家への相談を

交通事故後遺障害の等級認定には症状が交通事故に起因するもので、かつ改善の見込みがないものであるという証明をするまでの時間の他に、更に申請して認定されるまでの時間がかかります。事故による精神的・肉体的なダメージを負った中で治療を継続していくことや煩雑な申請手続きを行っていくことは大変なことです。

もし後遺障害等級認定を行おうと考えている場合には、こうした煩雑な手続きについて弁護士などの専門家に相談したり、手を借りることをお勧めします。自分で必要な書類を調べて集めることもできますが、必要な書類が足りなかったばかりに希望した等級に認定されないといった事態も起こります。特に被害者請求では自分で書類を集める必要があるため、より手間がかかってしまいます。

また、等級が自分の納得がいくものでない場合は裁判を起こすこともできます。しかし、裁判を起こす前の早い時点で、あらかじめ弁護士に損害賠償請求や示談交渉などについて相談をしておくことをお勧めします。後遺障害が残りそうな症状の場合、治療をしている時から信頼のできる弁護士を探し、相談をしておくことにより、その後の申請方法などについてアドバイスをもらうこともできます。専門家に相談しながら、自分が不利にならないような対策を採るよう心がけましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket