交通事故に遭ったら

交通事故により負傷してしまったら、まずは病院で診察を受け、適した治療を行うことになるでしょう。しかし、事故によって負ったダメージの中には完治しないまま何らかの症状がこの先もずっと続いて行くものもあります。このように、交通事故による負傷で治療を続けても今後改善の見込みが無い状態のことを後遺障害と言います。

後遺障害は、精神的または身体的な障害であり、重いものでは介護が必要なものや、日常生活を送る上で様々な支障が出るものがあります。後遺障害は医師の診断書を基にして、その症状や状態によって全部で16等級、142項目にも及ぶ細かい分類で分けられています。級の数自体は1級から14級までですが、そのうち1級と2級は要介護かそうでないものかに分かれるため、総数では16の等級に分類されます。賠償金額は後遺障害の等級によって算出されます。最も後遺障害が軽い14級から、最も重い1級まで金額が変わってくるため、どの級に認定されるのかが重要になってきます。

当サイトでは、交通事故に遭い、後遺障害が残ってしまった際にどのようにして後遺障害等級認定を行っていくのか、その方法について紹介しています。後遺障害は何らかの症状が残ってしまい、それが改善する見込みがないものです。そのため、後遺障害によって日常生活に支障が出るだけではなく、仕事を続けることができなくなってしまう人もいます。万が一に備えて、後遺障害等級認定とはどのように行うものか事前に知っておくと良いでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket